杉岡システム公式ブログ

Embedded. Computing.

【フォームの視覚化】スポーツフォーム改善の重要性【実力向上・スランプ脱出】


ゴルフスイング

2019年8月23日より発売開始した映像遅延装置カコロクVM-800HD-Lightの紹介と、よくあるご質問「VM-800HD-LightとVM-800HDの違いって何?」について答えていきたいと思います。



スポーツフォーム改善の重要性【実力向上・スランプ脱出】

スポーツ選手や部活動等スポーツ全般において、スポーツ技術の向上に最も重要なものの一つに「フォームの改善」が挙げられます。

例えばゴルフスイングのフォームを改善する場合は

・前傾姿勢の角度(構え方)
・頭の位置
・お尻の位置
・スイング軸
・クラブの上げ方(バックスイング)

などが大切とされています。

構える → 振り上げる → 振り下ろす → 打つ

これらの一連の動作の流れはもちろん、それぞれ分けて一つ一つ丁寧にしっかりとしたフォームを作らなければ、綺麗なフォームには直結しません。

スイングの構え時にお尻が高い位置にキープされていない状態でスイングをしても上手くいきませんし、クラブを振り上げる時に、体をしっかり回して上げずに手だけでひょいと上げても、腰を回転させて打つすることができず、飛距離が短くなったりミスに繋がってしまいます。

フォームを改善する場合、ここで一連の動作を分けて考え、逆からさかのぼります。
スイング軸がズレていて上手く打てない場合はどうすればいいか?
ここで構える時の姿勢に注目します。

「構える時」の前傾姿勢の角度やお尻の位置を変えれば、クラブを「振り上げる時・振り下ろす時の姿勢」や「スイング軸」が直りやすくなります。

このように一つ一つの動作の繋がりや一連の流れを改善するには、基本的には他人に見てもらうことが一番とされています。

何故ならスポーツの動きを他人に見てもらうと、悪いところが明らかになり、効率よくフォームを改善してパフォーマンスの向上やスランプ脱出に繋げることができるからです。
しかし、いつも他人に見てもらうというわけにもいきませんし、一対一ではなく大人数で練習する場合(部活動など)においては、人に見てもらって直すべき箇所を的確に指摘してもらうのは時間がかかり、非効率的です。

そこで、
一人でも簡単に「他人から見た自分のフォーム」を「視覚的に」確認し、効率的にフォームを分析・改善する。
この希望を叶えるべく開発した製品が「カコロク」です。


映像遅延装置って何? スポーツフォームの確認・分析・改善をしたい方に

映像遅延装置カコロクVM-800HD-Lightの機能と特徴
映像遅延装置カコロクは、カメラで撮影している映像を画面上に「遅延させて」表示する機能を主として、スポーツフォームの確認・分析・改善に特化した様々な機能を搭載した装置となります。

映像を遅延させて画面に表示することで、動いてすぐに自分の動きを「目で」確認できるのがカコロクの強みです。
また、「映像を停止」させたり「スロー再生」「コマ送り再生」機能を利用することで、後から自分の動きをじっくりと確認・分析することも可能です。

画面上に2本のラインを表示させる機能を利用することで、理想のフォーム軸や自分のフォーム軸を視覚的にハッキリと認識することもできるので、自分自身でももちろんのこと、他者(教師や監督など)が生徒に「ここがこうだから◯◯すると良い」などとレクチャーするのが「より簡単に」なります。

言葉では伝えきれないニュアンスを視覚を利用することで簡単にする。これが映像遅延装置カコロクを利用するメリットの一つです。

カコロクシリーズは日本代表選手をはじめとした、多くのプロのスポーツ選手や学校の授業・部活動、ゴルフ施設等のスポーツ施設などあらゆる方々にご利用ご愛顧いただいております。

今すぐスポーツのスキルアップをしたい方!
スランプでお悩みの方!
生徒にどう教育・指導したらいいのかお悩みの方!
是非一度ご検討ください。



カコロクVM-800HD-Lightの詳しい紹介はこちら⇩
blog.sugiokasystem.co.jp


製品詳細ページ(公式サイト)はこちら⇩
www.sugiokasystem.co.jp


お問合せ先

杉岡システム株式会社
〒573-0046
大阪府枚方市宮之下町8-2(ABCセンター内)
TEL. 072-853-3553
FAX. 072-853-3577
E-mail. support@sugiokasystem.co.jp

営業時間
平日10:00~17:30(土日祝休業)