杉岡システム公式ブログ

https://blog.sugiokasystem.co.jp

カコロクどれがいい?迷ったらコレ!一押しアイテム・カコロクVM-800HD-Light

タイトルイメージ画像

映像遅延装置カコロクシリーズの中ででどれを選んだらいいか悩まれる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな中でオススメのアイテムを紹介します。

 

迷ったらコレ!一押しアイテム【カコロクVM-800HD-Light】

 

映像遅延装置カコロクVM-800HD-Light

カコロクシリーズは大きく分けて「HD」シリーズと「SD」シリーズに分かれますが、これは画質の違いを表してます。

「HD」シリーズはいわゆるデジタル画質。高画質のフルHD対応となってます。
対応機種は「VM-800HD-Light」と「VM-800HD」の2つです。

一方「SD」シリーズはアナログ画質。標準画質のSD対応となってます。対応機種は「VM-800」と「VM-810」の2つです。

近年はフルHD対応がデフォルトとなっている機種が多いこともあり、HDシリーズのVM-800HD-LightとVM-800HDの2つがオススメとなりますが、中でもコストを抑えてVM-800HDと同じくらいの機能を備えた「VM-800HD-Light」はオススメです。

 

VM-800HD-Lightについて

映像遅延装置カコロクVM-800HD-Lightは、フルHD映像を画像メモリに保存しながら、同時に過去の映像(もしくはリアルタイムの映像)を表示することができる、スポーツフォームの確認・分析に特化した映像遅延装置です。

 

製品概要

製品名 カコロクVM-800HD-Light
品番 VM-800HD-Light
定価 89,800円(税抜)
 アカデミック価格  79,800円(税抜)
解像度 1920 x 1080(フルHD
入力 HDMI x 1(HDCP非対応)
出力 HDMI x 1
遅延時間 最大160秒
巻戻時間 最大160秒
重量 160g
外形寸法 82(W) x 24(H) x 94(D)mm
製品詳細を見る

 

 

製品仕様

入力 HDMI ×1(HDCP非対応)
 入力フォーマット  1920×1080/60/P
1920×1080/59.94/P
1920×1080/60/I
1920×1080/59.94/I
1920×1080/30/P
1920×1080/29.97/P
1280×720/60/P
1280×720/59.94/P
1280×720/30/P
出力 HDMI ×1
出力フォーマット 入力フォーマットと同一
録画方式 YUV 4:2:2 デジタルメモリ (MOTION JPEG)
遅延時間 最大160秒
巻戻時間 最大160秒
電源 ACアダプタ(5V, 2A)
消費電力 3W
外形寸法 82(W) × 24(H) × 94(D) mm​
重量 160g
動作環境 温度 0℃~40℃
湿度 20~80%(非結露のこと)
保存環境 温度 -20℃~60℃
湿度 10~90%(非梱包状態にて)
製品詳細を見る

 

 

製品特徴

スポーツフォームの確認・分析に特化した機能を多数搭載

カコロクVM-800HD-Light機能イメージ一覧

  • 映像遅延表示:最大160秒 | 画面上に常に◯◯秒(設定した秒数)遅らせた映像を表示することにより、「余計な操作無しに」「すぐに」撮影した映像を確認・分析できます。
  • 録画:付属のスイッチ操作で、映像を表示しながら同時に録画・再生。
  • スロー再生:スロー再生の速度は6通りに変更可能。
  • 繰り返し再生:録画した映像を最大160秒前から繰り返し再生。
  • コマ送り・コマ戻し:静止画を1コマ(1/60秒毎)前後にコマ送り・コマ戻し。
  • 2本のライン表示:上下左右に移動・回転可能な2本のライン表示機能搭載。理想のフォームにラインを設定しておくと、自分のフォームと理想のフォームとのズレがひと目で分かります。

 

超軽量化されたコンパクトなデザイン

 

カコロクVM-800HD-Lightのサイズ

  • 重量: 160g
  • 外形寸法: 82(W) × 24(H) × 94(D) mm​
  • サイズ: 手の平サイズ

コンパクトかつ超軽量なデザインと洗練された機能性をあわせ持つ、ハイスペックな映像遅延装置です。

 

優れた処理性能
  • 映像の表示と保存:フルHD映像を画像メモリに保存しながら、同時に過去の映像(もしくはリアルタイムの映像)を表示します。
  • 高画質:1080P フルHDの高画質仕様。
  • メモリ:1080P60Hzビデオ入力信号を最大160秒間録画するためのメモリを搭載。
  • 入力:HDMI
  • 出力:HDMI

 

主な使用用途
  • スポーツのフォーム確認・分析:「映像遅延表示」「録画」で動きの確認。「スロー再生」「繰り返し再生」でフォームの分析。
  • 試合の戦略分析:「スロー再生」「繰り返し再生」「コマ送り」「コマ戻し」で試合映像を分析し、戦略を立てる。
  • 競艇・競馬等のレース判定​​​​:「映像遅延表示」「スロー再生」「コマ送り」「コマ戻し」「ライン表示」でレースを判定。ゴールの確認。

※これはカコロク活用方法の一例です。

 

プロのスポーツ選手のトレーニングにも導入

野球や陸上、ゴルフなど、プロのスポーツ選手は投球やスイングフォームを綿密に確認するといいます。
まさに、スポーツ上達の近道は、まず基礎であるフォームをしっかりと学ぶことが大切と言えるでしょう。

だからこそ、フォームの確認・分析に特化したカコロクは
日本代表選手をはじめとした多くのプロの選手のトレーニングに導入されているんです。

映像を見ながら練習できるから子供のトレーニングにも最適!
自分のフォームを知ることで明確な目標が出来て、スポーツが楽しくなります。

 自身のフォームを確認するのは難しいものです。
そんな時に活躍するのが、映像遅延装置カコロクです。
カコロクはお手持ちのビデオカメラやモニターに接続するだけで、撮影したフォームを簡単にチェックできる優れもの。
全てのスポーツ選手の必需品と言えるでしょう。 

製品詳細を見る

 

製品レビュー

カコロクVM-800HD-Lightの製品レビューは以下の記事よりご覧いただけます。

blog.sugiokasystem.co.jp

 

 

その他オススメ記事紹介

以下の記事でもカコロクVM-800HD-Lightについて詳しく書いてます。
よろしければご参照ください。

blog.sugiokasystem.co.jp

blog.sugiokasystem.co.jp

blog.sugiokasystem.co.jp

 

 

おまけ:カコロクVM-800HDもオススメ

f:id:sugiokasysteminc:20180301154025p:plain

製品詳細を見る

カコロクHDシリーズ プロ用製品「カコロクVM-800HD」もオススメです。

カコロクVM-800HDとVM-800HD-Lightの大きな違いですが、
VM-800HD-Lightの入出力はHDMIのみなのに対して、
VM-800HDの入力は「HD-SDI / 3G-SDI x1」、出力は「HD-SDI / 3G-SDI x1」「HDMI x1」というように、「HD-SDI / 3G-SDI」が追加されています。

  • HDMIでは物足りない
  • HD-SDI / 3G-SDIコネクタが欲しい

という方にはオススメの製品です。

その他カコロクVM-800HDに関しての活用方法や製品レビューに関しては、以下の記事をご覧ください。

blog.sugiokasystem.co.jp